IWTPの 『農』 への取り組み・考え方


土中の多様な微生物集団の活動力と植物の共生力を活かす自然循環型農法

画像の説明

  • 植物は、地中の養分を吸収して自らを育てながら、太陽エネルギーによる光合成で水と炭酸ガスを原料にして、酸素を作り出し有機物である含水炭素を作る特有の働きをしている。
  • 動物は、植物が作った酸素で呼吸し、草食動物は植物を食べ、肉食動物は草食動物を食べて生きている。
  • 微生物は、動植物の死骸や排泄物を栄養源として無機物に分解して排泄する。そして植物は、微生物が作り出した無機物を再び養分として吸収して生長している。
  • 土壌は、無機質の地層に、植物、動物、微生物が長期間作用してできた非常に複雑な生態系である。窒素は大気からバクテリアなどによる窒素固定作用や動物の排泄物が腐敗することにより土壌の中に入り込む。土壌の中の窒素は、土壌微生物の作用で少しずつ大気中に放出される。硝酸塩の形になった窒素は植物の根から取り込まれる。植物は動物の餌になり、動物の排泄物は土壌に戻る。このようにして窒素サイクルは完結する。