田んぼ作りとクボタ㈱サポート

活動記録

現在、25m x 25m の4つの田んぼが出来上がりましたが、田んぼ内に高低差が有り、低い場所と高い場所で20cm程、差があります。

田んぼ内の土を移動させる作業をクワ等を使って、手作業を行っています。一日では難しい作業ですが、日数を費やすことにより、徐々に平になってきています。

画像の説明

畦も一つ一つ手作業でキレイに補修を行いました。

画像の説明

残念なご報告ですが、

作業している農地において、ファイナンシャルな問題が有り、8月末までに立ち退きをする必要があります。
全ての農器具を撤収し、今後は農地に入る事が出来なくなります。
作業を毎日続けて、ある程度田んぼの形が出来てきたところで、本当に残念です。

現在は、新しい農地を探しています。
コチラの農地で覚えた田んぼ作り、苗作りの技術を今後の作業に生かしていきます。

サポート

2013年8月1日(木)~2013年8月2日(金)
農業機械のクボタ㈱の方に私達が活動している農場へ来て頂き、田植え機と鉄コーティングの講習と実習を行って頂きました。
田植え機は、クボタ㈱様より貸与頂いています。

鉄コーティングの講習と実習模様です。

画像の説明

種籾に鉄粉を付着させ、コーティングする新しい技術です。
移植栽培に比べ、育苗作業、苗運搬が不要で労働時間の短縮と種籾の長期保存が出来るようです。
また、種籾の表面が硬くなるため、鳥害を少なくなったり、種子伝染病害の発生等が少なくなるとの事でした。

画像の説明

高齢化する農家や今後増える見込みの大規模農家において、有効な技術だと感じました。

田植え機の実技講習を行なって頂きました。

画像の説明

画像の説明

田植え機の運転方法の指導を受け、代表の白土さんから研修生2人まで、順番に田植え機の運転を行いました。

画像の説明

研修生の2人は、初めての運転で、良い経験となりました。

画像の説明

クボタ㈱の皆さんに、ご指導頂き、一同感謝しております。

掲載者:Kura

コメント


認証コード9670

コメントは管理者の承認後に表示されます。